ニュース
今日の新しいニュースをお届けします。
あああ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨人小笠原、ぶっつけ本番で開幕戦に
巨人小笠原、ぶっつけ本番で開幕戦に出るという意気込みで自主トレを始めたようです。
開幕のグラウンドには、はってでも立つ! 巨人小笠原道大内野手(34)が8日、川崎市のジャイアンツ球場で自主トレを行った。昨年11月10日に左ひざ関節半月板の内視鏡手術を行い、現在はリハビリの真っ最中。バッティングなど技術練習のメドは現時点で立っていない。それでも「開幕戦に出る。そのために手術をした」。08年のテーマを「無」に設定したガッツ。ぶっつけ本番も辞さずの覚悟でスタートを切った。
 サムライの異名を持つ男らしい、潔い決意表明だった。術後初めてのキャッチボール。慎重に患部に負荷をかけた。代名詞のフルスイングはもちろん、全力疾走のメドさえ立たない船出。それでも小笠原は、報道陣との“問答”で断固たる決意を語った。
 小笠原「非常にいい1日だった。開幕戦に出るため、上げていく。それだけしか考えていない。そのために手術をした。その気持ちに変わりはない」。
 08年の抱負は、しばらく考えた末「無」に決めた。「プレーに集中してやっていく。巨人2年目なんで。自然体で気負わず、必要ならば前に出て」と言った。無心でリハビリを進め、3月28日ヤクルト戦のグラウンドに立つつもりだ。
 常識的に考えれば、スケジュールは極めてタイトだ。「今は準備の段階。技術練習を行う前の」。本格的な打撃練習開始の時期については「3月くらいからじゃないかな」と答えた。フルスイングを支える土台は、一朝一夕でできるものではない。片手ティー打撃から始まり、キャンプ期間を丸々かけフォームを固める。その地道な作業に取り組む見通しが現時点で立たない。「焦っても仕方がない。トレーナーと相談して決める」と言った。ノック、走塁練習、紅白戦、オープン戦を通しての実戦感覚。多くの過程を飛ばしてでも、開幕を迎える覚悟はできている。
 志半ば、の思いが原動力だ。「去年は最後に悔しい思いをした。一番最後に喜べるように」と言った。優勝請負人として巨人に来た以上、日本一奪回で、選択は正しかったと証明してみせる。グラウンドへと下りる階段。新人合同自主トレを視察に来た首脳陣とすれ違った。口々に「ガッツ、今年も頼むぞ」と頼まれた。小笠原は固い握手に「任せろ」の決意を込めた。



yahooニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080109-00000056-nks-base

テーマ:プロ野球ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aibm3090.blog84.fc2.com/tb.php/104-7e50c9c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Notes
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。