ニュース
今日の新しいニュースをお届けします。
あああ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
息吹き返すミニチューズデー
まさかここで生き返るとは思いませんでしたね。しかし、まだまだ予断を許さぬ状況ですが傍目からみてると面白い展開になったなという事でしょうか。

[ワシントン 4日 ロイター] 米大統領選挙の民主、共和両党の候補指名争いは4日、4州で予備選挙が実施される「ミニチューズデー」を迎え、民主党はクリントン上院議員が大票田のオハイオ、テキサス両州でオバマ上院議員との対決を制し、指名獲得に向けて息を吹き返した。共和党ではマケイン上院議員が獲得代議員数を上積みして候補に確定した。
 クリントン氏はこれまでオバマ氏に12連敗を喫していたが、両州で負ければ選挙戦からの脱落を余儀なくされるとの幅広い予想を覆す大きな勝利を収めた。
 ミニチューズデーでも決着がつかなかったことから、民主党の候補者選びは今後ワイオミング、ミシシッピ州へと移り、次の大きな戦いである4月22日のペンシルベニア州予備選まで続く公算が大きくなった。ただ、8月の民主党全国大会で候補者を選ぶ代議員の獲得数ではクリントン氏が依然としてオバマ氏を追っている。
 クリントン氏はオハイオ州でオバマ候補に勝利したことを受け、「われわれは前進している。われわれは力を増しており、最後まで進む」と述べた。
 オバマ氏はバーモント州で勝利したが、ロードアイランド州はクリントン氏が押さえた。
 出口調査によると、クリントン氏が最後数日で態度を決めた有権者の支持を多く集めた。
 共和党のマケイン氏はバーモント、オハイオ、テキサス、ロードアイランドの4州すべてで大勝。獲得代議員数は指名獲得に必要な1191人を上回り、最後の主要ライバルであるハッカビー前アーカンソー州知事を選挙戦からの撤退に追い込んだ。
 ブッシュ大統領は5日にホワイトハウスにマケイン氏を迎え、同氏への支持を表明する。
 マケイン氏はダラスで支持者に対し、「戦いは今晩始まる」と述べ、11月の本選に向けた決意を示した。


ヤフーニュースより引用

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080305-00000597-reu-int&kz=int

テーマ:海外ニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aibm3090.blog84.fc2.com/tb.php/130-d776e3b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Notes
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。