ニュース
今日の新しいニュースをお届けします。
あああ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オシム前監督 スーパーバイザー就任へ
オシム前監督がスーパーバイザー就任出来るほどの回復を喜んでいます。岡田ジャパンにどしどし意見を言って鍛えて下さい。

“奇跡の老将”が現場復帰へ-。日本サッカー協会の川淵三郎キャプテン(71)が27日、今月24日から都内に転院している日本代表前監督、イビチャ・オシム氏(66)と面会。その後、会見を開き、本人との会話にまったく問題がなく、この日、リハビリで初めて歩くなど驚異的な回復を示していることから、状況を見極めながら、オシム氏に岡田ジャパンの“ご意見番”となるスーパーバイザー(SV)就任を依頼することを明かした。
 岡田ジャパンにとっては、これ以上ない援軍となりそうだ。奇跡的な回復を見せているオシム氏が、来年にも日本代表に“復帰”する。具体的なポストは未定だが、2010年W杯南アフリカ大会へ蓄積してきたノウハウを注入するSVが有力だ。
 「自分がこうしたいと思いついた時、相談してほしいし、受け入れる準備はある。日本協会はいつでもカムバックを待っている」。川淵キャプテンは、今月上旬、オシム前監督を担当してきた千田善通訳と1年契約を済ませた事実を明らかにし、それによって老将に帰る場所を用意した。
 川淵氏は約20分間、車いすに乗ったオシム氏を見舞った。握った右手の力は、以前と変わっていなかったという。90キロあった体重は15キロも落ちたが「若返って“ハンサムになったね”と言ったぐらい。驚くぐらいの回復。心からうれしかった」と印象を口にした。
 病室に入った際は、テレビでレアル・マドリード-バルセロナの試合を観戦していたという。「病院のご飯がおいしすぎて、また戻ってしまう」。「何だ?君1人(=千田通訳)だけが(契約更新で)いい思いをしているな」。“オシム語録”は健在だった。
 さらに、貴乃花親方を介して購入したプレゼント用の5Lサイズのセーターを見るや「兄さんの方?弟の方?」と尋ねたり「(デザインが似ている)スコットランドに行けということ?」とジョークも。この日からリハビリで歩き始めるなど、心身ともに驚異的な回復を見せている。
 順大浦安病院に入院中、医師への第一声は「子どもにサッカーを教えたい」だったという。「サッカーを見る時間は絶対に削らない」「まだまだ勉強しないと」…。病に倒れてもあせない情熱と、飽くなき向上心が、岡田ジャパンにも注がれる。

yahooニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071228-00000002-dal-socc

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aibm3090.blog84.fc2.com/tb.php/4-83baa981
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Notes
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。