ニュース
今日の新しいニュースをお届けします。
あああ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京証券取引所、来年後半は株価回復?
来年後半は株価回復という事なら、後半まで待たなくてはならないのかな。とにかく、子年は縁起が良いので期待出来るのかな。

「ネズミ繁盛」--。東京証券取引所がある東京・兜町には、十二支とその年の相場を関連付けた格言が伝えられるが、中でも特に縁起がよいとされるのが、来年の子(ね)年。ネズミは子だくさんで「神の使い」とも言われためだ。 

 戦後の日経平均株価について、各年の大発会(年始)と大納会(年末)の終値を比較した騰落率を十二支ごとに集計した調査によると、子年は39.6%増で最も高い。2位は辰(たつ)年の29.0%増、3位は卯(う)年の24.0%増で、子年は断トツだ。

 好調の理由は不明だが、1960年の子年は岩戸景気のまっただ中で、日経平均は初めて1000円台を突破。84年には初の1万円台乗せを達成するなど、高い成果は歴史的事実だ。

 さらに来年は08年で「末広がりの八」の年でもある。「年初はサブプライムローン問題を引きずって、もがき苦しむかもしれないが、年後半には必ず回復する」(大手証券)と期待が高まる。


yahooニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071228-00000136-mai-brf

テーマ:今日のニュース - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aibm3090.blog84.fc2.com/tb.php/7-06611659
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Notes
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。