ニュース
今日の新しいニュースをお届けします。
あああ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
福岡市の3人死亡事故でたったの懲役7年6月
福岡市の3人死亡事故でたったの懲役7年6月の判決が出ました。お酒を飲んで人を殺すような事をしても日本の法律ではこんなもんです。亡くなった子供さんのご両親の無念さを誰が晴らしてくれるのでしょうか。

福岡市で平成18年8月、飲酒運転で多目的レジャー車(RV)に追突して海に転落させ、幼児3人を水死させたとして、危険運転致死傷と道交法違反(ひき逃げ)の罪に問われた元同市職員、今林大(ふとし)被告(23)の判決公判が8日午前10時から、福岡地裁で開かれ、川口宰護裁判長は懲役7年6月の実刑判決(求刑懲役25年)を言い渡した。焦点となった危険運転致死傷罪の適用は見送られ、業務上過失致死傷と道交法違反(酒気帯び運転)が適用された。
 裁判をめぐっては、12月に裁判所が、危険運転の起訴事実に業務上過失致死傷と道交法違反の罪を予備的に追加する訴因変更を命じ、検察側が応じていた。
 幼い子供3人が犠牲となった事故をめぐる裁判は、最大の争点となった危険運転について、検察側は公判で「酩酊(めいてい)状態。アルコールの影響で正常な運転が困難な状態だった」と主張。弁護側は「微酔で、脇見が原因の業過致死傷罪にとどまる」と反論していた。
 起訴状によると、今林被告は18年8月25日深夜、酒を飲んで車を運転。福岡市東区の「海の中道大橋」で同市の大上哲央(あきお)さん(34)の一家五人が乗ったRVに追突、博多湾に転落させ、3児を水死させた。

 【福岡市の3幼児死亡事故】 福岡市東区の「海の中道大橋」で18年8月25日深夜、同市の会社員、大上哲央(あきお)さん(34)ら家族5人が乗った多目的レジャー車が追突され海に転落。長男紘彬(ひろあき)ちゃん=当時(4)、二男倫彬(ともあき)ちゃん=同(3)、長女紗彬(さあや)ちゃん=同(1)=が水死した。福岡県警は飲酒運転だった同市職員(当時)の今林大(ふとし)被告(23)を業務上過失致死傷容疑などで逮捕し、福岡地検が飲酒量や速度の分析結果を基に危険運転致死傷罪などで起訴した。飲酒運転による悲惨な事故の実態があらためて広く知られるきっかけとなり、昨年9月に飲酒運転の罰則を引き上げた改正道交法が施行された。


yahooニュースより引用
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080108-00000901-san-soci

テーマ:まぢかよ!? - ジャンル:ニュース

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aibm3090.blog84.fc2.com/tb.php/77-7c4b77d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
Notes
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。